AGA治療の仕組みとは

櫛で髪を梳かす男性

男性型脱毛症を薬を利用して治療していくときには、その過程が非常に大切になります。
何故かというと、クリニックで処方されるAGA治療専用の薬は継続的に服用して初めて大きな効果を得られることがわかっているからです。
AGA治療というのは、男性型脱毛症の原因となっているものを取り除くことを目的として進められていきます。
そして、この原因を除去して育毛効果を発揮させるためには一定以上の期間が必要になるので、はっきりとした効果を自覚するためには長期間の治療が必要になることを知っておかなくてはいけません。
実際に、AGA治療における成功率は1年の服用で約患者の7割、数年間の治療で約9割と年数が経過するほど大きな効果を得ることが出来ることがわかっています。
そのため、実際にクリニックで薬を処方してもらうときにはこの点に注意をして治療を進めていく必要があります。

では、そもそもなぜAGAの治療薬を服用すると薄毛を改善することが出来るのでしょうか。
AGAの原因は男性ホルモンであることがわかっているので、男性ホルモンが生み出す薄毛を引き起こす物質を抑えたり除去したりしないと根本的な薄毛の改善を実現することは不可能です。
そのため、薬を使って根本的な原因となっているこの物質を意図的に抑えることによってホルモンバランスを改善して薄毛の治療に役立てるわけです。
実際に、身体の中から改善していくことになるのでAGA治療薬を服用した最初の頃は抜け毛の症状が進行することになります。
そして、薬の効果によって薄毛の原因が抑えられた後には育毛効果が発揮することになるので髪の毛がどんどん生えてくるのです。
薬を服用するとすぐに効果が発揮されるわけではないのでその点に関してはしっかりと理解しておきましょう。

関連記事